【理論】声区の定義

みなさんこんにちは。

今日は、WORLD VOICEが定義する「声区の一覧」を解説したいと思います。

WORLD VOICEでは「2声区のブレンド説」を提唱しております。
それではご覧下さい。

動画の中で言っている「表声ベースと裏声ベース」については、
また別の機会に解説いたします。

【まとめ】
WORLD VOICEが提唱する洋楽ボイス理論では表声と裏声の2声区をブレンドする事で、
様々な声区を作る事ができるようになる。

その内、歌で使用できる声区は約15種類あり、これは人により異なる。

複数の声区をまたいだ発声をしたとしても、ブレイク(声がひっくり返る)する事なく発声でき、
すべての声を1本化できるようになる。

声区を変える方法は、喉の筋肉と呼気によるもので、訓練すれば誰でも習得可能なものであるという事です。
もちろん、才能や環境などは関係ありません。

【声区の定義表】

自分の発声体感と、第三者が感じる声質には開きがある場合があります。
例えば…

○○ミドル=自分「地声に感じやすい地声体感」 第三者「地声に感じる、聞こえる」
○○ミックス=自分「裏声に感じやすい裏声体感」 第三者「地声に感じる、聞こえる」

この事から、憧れのアーティストの発声を参考に練習していても、
声区に関するちょっとした思い違いが原因で、その発声を実現できない場合があります。
声区に関する正しい知識を持つ事で、様々な問題が解決するのは珍しい事ではありません。

質問はこのブログかもしくはTwitterからお願いします。

【Twitter】
https://twitter.com/WORLDVOICE_JP

【この記事の検索ワード】
ウィスパーボイス チェストボイス ファルセット ファルセットミックス ヘッドボイス ヘッドミックス ミドルボイス 部分振動 全体振動

Comments are closed.