発声や抑揚の要となる「肋間筋の使い方」

みなさんこんにちは。
いつもWORLD VOICE MOVIES PREMIUMをご覧頂きありがとうございます。
この動画をすべて再生するには、動画を購入していただく必要があり、現在は冒頭の30秒のみ視聴する事ができます。
こちらのページから購入をお願いします。

今回のテーマは、発声や抑揚の要「肋間筋」です。
肋間筋とは、肋骨の間を走る、空気を吸う時や吐く時に使用する筋肉群です。

吸う時に使用する筋肉を外肋間筋(がいろっかんきん)
吐く時に使用する筋肉を内肋間筋(ないろっかんきん)

と言います。これらのオンとオフを調節できるようになると、
歌にどういう変化があるのでしょうか。

■声をしっかりと支えられるようになる。
■ビブラートやフェイクをきれいに出す事ができる。
■抑揚をつけて曲にメリハリをつけられる。
■リズム感やグルーヴ感を素早くつける事ができる。

それでは気になる方、ぜひご覧ください。

Twitterなどのアプリを通して見ている方は、動画を再生できない場合があります。
その場合はURLをコピーして、ブラウザからご覧下さい。
それでも再生できない方は、動画ページに直接アクセスして下さい。
http://necfru.jp/worldvoice/3748

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

質問はTwitterやFacebook、メールからお願いします。

【Twitter】
https://twitter.com/WORLDVOICE_JP

【facebook】
https://www.facebook.com/worldvoice.co.jp

【無料カウンセリング予約・お問い合わせ】
http://www.worldvoice.co.jp/reserve.html

 

Comments are closed.