【解説】ビブラートの種類とかけ方

いつもご覧頂きありがとうございます。
今回のテーマは、Twitterやメールでも最も質問の多かった、「ビブラート」についてです。

さてこのビブラート、みなさんは何種類知っていますか?
1種類?2種類?3種類?いや、そもそも種類なんてあるの?という方。

あるんです。
ビブラートの波やその深さ、あるいは速さを調節する事で、
曲やフレーズにあわせてどんなビブラートをどのように使うかを選ぶ事ができます。

バラードで大きく歌う時は波を深く、ロック調の曲で速めにかけて感情を乗せる、
という具合にです。それぞれ意識しなくてはいけない筋肉があり、また稼動する部分も異なります。
また、複数のビブラートを組み合わせたものも存在します。

自分がどのビブラートを手に入れたいのか、そのヒントになればと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

質問はこのブログかもしくはTwitterからお願いします。

【Twitter】
https://twitter.com/WORLDVOICE_JP

【この記事の検索ワード】
ビブラート 肋間筋 最内肋間筋 のど ふるわせる 共鳴 ピッチ 声量

Comments are closed.