【セッション】分離型からミックス型への移行

みなさんこんにちは!いつもWORLD VOICE MOVIESをご覧頂きましてありがとうございます!

今日は、前回の「自分の発声カテゴリを知る」で解説しました、
「分離型」から「ミックス型」への移行はどうすれば出来るのか…
こテーマについて、デモセッションという形で解説しております。

デモセッションにモニターとして協力してくれたのは、都内にある音楽の専門学校、
尚美ミュージックカレッジのボーカル科に通う小林君(19歳)です。

小林君は表声と裏声がある音を境に分かれてしまう「分離型」のボーカルでした。
その彼が、どうすれば表声と裏声の境目を持たない「ミックス型」になれるのかを
聞くために、モニターシンガーとしてWORLD VOICEにやってきました。
果たして、彼の声はどうなったのでしょうか…。

今回のデモセッションで小林君は「ミックス型」への移行を果たしましたが、
これは小林君の喉の状態に合わせたエクササイズを行った結果であり、
この動画の通りにエクササイズを行ったからと言って、誰もが「ミックス型」に
移行できる訳ではありません。
また、その人が目指すシンガー像によっては、分離型のままの方が良い場合もあるかも知れません。

高音になると声が薄くなる、ブレイクポイント出るなどでお悩みの方は
たくさんいると思います。このセッションに興味がある方は、
ContactTwitterなどから無料カウンセリングの申し込みをして下さい。
モニターの募集は終了しておりますが、現在の状況に合わせた診断、分析、提案などを
行う事ができます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

質問はこのブログかもしくはTwitterからお願いします。

【Twitter】
https://twitter.com/WORLDVOICE_JP

【この記事の検索ワード】
分離型 ミックス型 輪状咽頭筋 部分振動 ファルセット ブレイク ブレイクポイント
 

Comments are closed.